SNSをビジネスに活かそう!

Net business入門講座!



LINE@

LINE@ログインユーザー(運用担当者)の追加

投稿日:

LINE@は個人で利用するアカウントではないため、何人かで運用管理できます。
運用担当者の増やし方を解説します。

まず、当たり前と思いますが、追加される担当者は、LINEを使用していないといけません。
LINE@の運用をするわけですから、LINE@のアプリもインストールしておいてください。

追加の流れとしては、次の通りです。

最初にLINE@のアカウントを作った人が、管理者(+決済者)になります。
新しく運用担当者を追加してから、管理者や(+決済者)などの権限を変更します。

ログインユーザーの追加方法

スマホの携帯から追加する方法とPCのアカウントマネージャーから追加する方法があります。
スマホから追加する方が簡単なので、スマホの方法を解説します。

LINE@の「管理」→「メンバー・アカウント管理」をタップします。

「メンバーの管理」→「メンバーの追加」とクリックしていきます。

「+メンバーの追加」メニューが出ますので、タップします。

メンバーの追加方法が表示されます。
追加する担当者が一緒にいる場合は、「追加用のQRコードを表示する」をタップします。

メンバー追加用のQRコードが表示されるので、追加する担当者のLINEのQRコードで読み取ってもらえば完了です。

 

LINEで招待メッセージを送る方法

LINEのメッセージで、運用者の招待メッセージを送るためのは、送る人と受け取る人が友達になっていないといけません。

「LINEで招待メッセージを送る」を選択すると、LINEが起動して友達一覧が表示されます。
招待状は、1通に対して1人しか追加できません。
招待状を受け取った人が、承認をタップするとログインメンバーに追加できます。



-LINE@
-,

Copyright© Net business入門講座! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.