SNSをビジネスに活かそう!

Net business入門講座!



LINE LINE@

LINE@に投稿しよう!「メッセージ配信」と「ホーム投稿」

投稿日:

LINE@に登録してくれたユーザーに、記事の投稿を行って、情報発信しないとLINE@を使用している意味がありません。

通常配信するのは、メッセージとホーム投稿です。
メッセージとホーム投稿の違いは、登録している人全員に届くのは同じですが、次のような違いがあります。

メッセージ配信

メッセージは、「チンコン」とお決まりの音と一緒に全員に配信されます。
メッセージは、LINEの強烈なメリットでもある配信力です。
この機能を使わない手はありませんが、受け取る人にメリットの無いメッセージを配信しすぎると、うざったく思われてすぐにブロックされてしまいます。
せっかく友達追加してもらったユーザーにブロックされてしまったら、もともこもありません。
配信しても、せいぜい1日に1通程度にしましょう。

余程重要な、自信のある内容でないとブロックされるので、注意しましょう!。

ホーム投稿とは

登録している人のタイムラインに投稿します。
メッセージと違い、着信音はなりません。
タイムラインを見たい人だけ、見ることができます。
友達追加していない人のタイムラインには配信されません。
1日に20通投稿しても、大丈夫です。

投稿の仕方

スマホやタブレット、PCから投稿できますが、基本はPCから投稿しましょう。
スマホとPCでは、配信できる機能が大きく違います。

メッセージ作成

 

ここでは、一般的に使用するのは、テキストと画像です。
PCでは、時間指定投稿が出来ます。
原稿をあらかじめ作っておいて、下書き保存が出来ます。
原稿が出来たら、すぐに投稿するか、日時を決めて配信するかが選べます。
更に、メッセージではホーム投稿と同時配信も選ぶことができます。

 

ホーム投稿

ホーム投稿で配信した内容は、登録者のタイムラインに表示されます。
また、LINE@のホームページに、ブログの投稿記事として追加されていきます。

ホーム投稿は、投稿内容はほとんどメッセージと同じですが、「URL」をサムネイル付きで送信できる機能があります。
メッセージでも、URLをテキストで送信することもできますが、リンクのみになります。

若いユーザーで、LINEのタイムラインをいつも見ているユーザーであれば、ホーム投稿でタイムラインに流すのが効果的ですが、ユーザーの年齢層によっては、メッセージは多用するが、タイムラインを見る習慣が無い人がたくさんいます。

メッセージでお知らせをして、タイムラインで「ホームで公開中」などと、LINE@のホームページを見てもらう習慣を付けましょう。
LINE@のホームについては、別に解説していきます。

配信する時間なども、決まった時間に配信するなど、定期的に習慣付けるとユーザーも定着していきます。

クーポンを作成して配布したり、抽選ページを作成したり、アイデアを出せばいろいろな事が出来ますので、少しずつ勉強していきましょう。

投稿サンプル

メッセージサンプル

メッセージ投稿をすると、受信したユーザーはこのようなメッセージを受け取ります。
「ホームで公開中です」というのは、右上の「家」のマークを押すとLINE@のホームページに飛びます。
メッセージから、LINE@のホームページをいつもチェックする習慣を付けてもらうためです。

アドレスのURLを張り付けると、リンクのサムネイルが表示されます。

 

ホーム投稿サンプル

同じような内容の投稿ですが、ホーム投稿で行うとURLの記事のサムネイルが大きく表示されます。
テキストは、解説文のように下の方に表示されます。
LINE@のホームページでは、ホームに投稿した、上記のような記事がブログのサイトのように表示されていきます。



-LINE, LINE@
-,

Copyright© Net business入門講座! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.