SNSをビジネスに活かそう!

Net business入門講座!



LINE

LINE@を始めよう

更新日:

LINE@が2019年春以降、プランや料金が変わります。

まず、LINE@を始める前に、今現在のLINE@の種類を勉強しましょう。

LINE@の種類

LINE@のアカウントには、大きく分けて次の3つになります。

  • LINE公式アカウント・・・大手企業などを対象に、スタンプの配布などが出来て、数百万以上の費用が掛かります。
  • LINE@認証済アカウント・・・LINE社の審査を通過した法人や個人事業主のお客様のみが取得できるアカウントで、審査には最大10営業日かかります。
  • LINE@一般アカウント・・・企業や個人を問わず作れる一般のアカウントです。

2019年春、「LINE@」は「LINE公式アカウント」「LINE ビジネスコネクト」「LINE カスタマーコネクト」とサービス統合し、名称を「LINE公式アカウント」として生まれ変わります。

LINE@のアカウントや料金プランが判りにくかったので、統合してシンプルにします。
ただし、判りにくかったのが、判りやすくなったのかどうかは、疑問が残ります。
また、表向き料金が高いというイメージが、安くなったように感じれれますが、これも疑問が残ります。

LINE@を何の目的でどのように使用していくかを考えた上で判断しましょう。

それでは、プラン料金を見ていきましょう。

2019年春までの料金体系は、無料プランは有るものの、月額料金の無料のプランだと、タイムライン投稿が4回/月に制限されています。
メッセージ投稿も、1,000/月通までまでなので、フォロワーが500人いる場合は、2通/月しか出せません。
フォロワーが501人いる場合は、1通/月になってしまうのです。
実際にビジネスで運用しようとした場合に、「プロ」の21,600/月のプランが必要になってしまうのです。

ベーシックタイプの¥5,400/月のコースでも、よぼどメリットが考えられないと踏み切れない料金体系ですよね。
2019年春から料金体系とプランの統合をはかり、導入しやすい料金に改めました。
「ライトプラント」「スタンダード」プランは、人数制限ではなくて、メッセージの配信数になったのがポイントです。
少し大きなLINE@のアカウントだと、1通当たりの単価で通過料金がかかるために、数万円から数十万円という費用も見込まないといけないケースも出てきます。

タイムライン投稿は、すべてのプランで無料になりました。

LINE@はどんな使い方があるの?

お店やレストラン・ショップなどの、キャンペーンや広告、クーポンの配布など特定のお客様に広報できるツールとして使用します。
サークルやクラブなどの団体で、会員向けのメッセージや広報活動に使用します。
また、タイムラインやメッセージに流すことで、イイネ&シェアで会員を増やすツールとしても利用できます。
同じ趣味や友達にイイネ&シェアが広がることで、同じようなジャンルの人達に配信できるようになるのです。
なかなか難しいですが、LINE@のアカウントでフォロワーを集められれば、ブログの集客やアフィリエイトにも利用できます。

しかし、LINE@ってコストが高くないですか?
TwitterやFacebook広告から見ても、月額固定でかかる費用なので、高く感じます。
私も10個以上のLINE@アカウントを使用して、1万人以上のフォロワーを確保しています。
しかも、無料で使用する裏技なども解説していきますので、お楽しみに。



-LINE
-

Copyright© Net business入門講座! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.